スポーツ、健康、ペット、風景、感じた事、思い出、旅、読書など等。


by kyk73
カレンダー

<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

さんぽ

気温10度で風の強い曇り空
健大にせかされて早足で歩いていると寒さも感じません。
落ち葉が沢山、コロコロ風に乗って舞うので、それを追いかけたり眺めたり
人の姿や行動にも興味シンシン

今日は階段が下りられました。
初めてのことで、出来るようになって嬉しいです。

階段横に付いている狭くて極端に急な坂の上り下りも、躊躇する事もなくテクテク
階段下りる私の方が怖いほど早い
こうしてドンドン力が付いていく、身体も毎朝、大きくなるのが分ります。

散歩の途中には抱っこして休憩
健大は通る人をウォッチング
行き交う人にも見られるので私は恥かしいですが健大はこれが楽しみ

4つの靴のチェックをして、歩き始めます。
今日は散歩の始めに靴を前足の片方を落として拾いに戻りました。
ずれた時は教えるのですが、スポット脱げた時は知らんぷり

靴もリニュアルして更に履き心地はいいようです。
手作りで時間が掛かるのでコストのメチャ高い靴
時間が足りない私
手頃な物があれば買って済ませたいです。
[PR]
by kyk73 | 2007-11-29 11:45 | 日常

寒くなりました。

まだ、冬物を出していない私
すでに11月末、冬物も出さなくては不便そう

これから寒くなるのに、健大と散歩・・・ちょっと辛いかな

近所を歩いて見ると普段、見えないものが目に入ります。
歩くのは健康の秘訣だと言われますが近頃は自転車に頼って
歩くのが苦手になっていただけに大変

健大はいい子だけど、まだ3ヶ月の幼児
気遣いは欠かせない
散歩の後は背中がバリバリになって辛いです。

今は1時間ほどの散歩ですが
将来的には朝晩各1時間の散歩をしてあげたい

散歩から帰宅後は健大の靴を脱がせて首輪の交換をして健大の居場所で休ませ
私は汗しているので、シャワーを浴びて着替え
嬉しい事だけどエネルギーが要りますね。
f0013459_15115845.jpg


More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-28 15:12 | 日常

井戸を発見

健大の散歩の帰りに近所の路地裏で井戸を見ました。
まだ、元気に活躍している様子、嬉しいですね。
f0013459_1365481.jpg
f0013459_1371562.jpg

[PR]
by kyk73 | 2007-11-27 13:05 | 風景、旅行

後、1月ちょっと・・・

11月も後半
クリスマスの飾り付けを見掛ける様に成りましたね。
f0013459_1146372.jpg
f0013459_11465263.jpg


More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-24 11:43 |
市ヶ谷の駅からと外堀通りの反対側の歩道から撮りました。
f0013459_20594951.jpg
f0013459_2101694.jpg

f0013459_2111683.jpg

[PR]
by kyk73 | 2007-11-21 21:02 | 風景、旅行

犬ご飯

相変わらず犬ご飯、作っています。
f0013459_17594090.jpg

写真のご飯
肉は鶏肉と豚肉を人間用に買ってある物なので
ボイルして細かく切って餌に混ぜてやります。
まだ、赤ちゃんなのか、大き目だと食べません。

ミズナ、白菜、キャベツ、南瓜、ジャガイモ、サツマイモ、茄子、椎茸、大根、人参、林檎、豆腐などを日替わりで
水分タップリ、最後は牛乳を与えています。

お代わりは4回するので、その度に 『お手を左右2回、待ては30』 数えます。
その後も『健大はおりこうね』 と、マテの時間を引っ張ります。
食いしん坊の犬種なので、せめてお行儀ぐらいはちゃんとさせたい
ガッツカせたくないんです。

面倒ですが躾の為、がまん我慢は健大と私

マテを覚えていると、散歩の時の信号待ちや車が来て危ない時にも使えるので
危険回避が出来て安心です。

私の出掛けに時、散歩で疲れたのか寝ぼけている健大、外出直後に
健大のおしっこが優先
ゲージでは排尿したくない犬の習性、これでもかと言う程、沢山します。

今日のお八つは林檎とキウイでした。
この器は夫が初めて作ったお抹茶茶碗です。
[PR]
by kyk73 | 2007-11-16 17:59 | 美味しい物

犬・・・昨日の続き

誰でも知っているような事かも知れないですが、改めて考える切欠にして頂ければ幸いです。

1、寒い日は下痢しやすい・・・・
原因はストレス・・・・マッサージなどして犬とコミニュケイションを増やして安心感を与える

2、食物アレルギー検査で陽性と診断されたケースでも手作りでアレルゲンを除いて食べさせれば3~6ヶ月、時としては年単位で改善

3、我侭な犬、4日間同じものが続いても仕方なく食べるようになる
目の前に餌が有りながら餓死した動物は居ない
ゴネレバ好きなものが出てくると学習したに過ぎない
つまりは根比べ

*脱線・・・・過去にも手作りして来ましたがペットの我侭は多々ありますね。

4、朝の尿は若干黄色いのは夜の水分不足で当たり前

5、手作りの方が食物繊維が一般フードよりも多いのが良いから、糞の量も増える
糞の回数は食べ物や運動量でも違うが適量なら2~4回でも問題ない
(我家は幼犬だからか6回位しますが私達は大変だけど問題なさそう)

6、皮膚がかさ付くのは油分不足
毛がばれ付く時にはオリーブ油、ごま油を仕上げにかけてやる

7、野菜・ブロック肉は神応えのある大きさに切って与える(健大にはまだ無理)
歯ごたえのあるガムを噛ませるのも顎の訓練

8、冬は老廃物が溜まり易く、春は出し易い
痒がる時は薬草、外用薬を塗る
手作り食で新陳代謝を良くする為に適度な運動

More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-14 09:57 | memo

『かんたん犬ごはん』須崎恭彦(やすひこ)著・・・・プチ病気・生活習慣病

*抜粋(これは私のメモとして書き残した物なので、適度に省略してあります。
犬を飼っている方が参考にして頂ければ幸いです。
詳しく知りたい方は、本を読んでくださいね。

AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)はペットのガイドラインを作っているが
自然界で自力で餌を取る生活で達成する事が難しい栄養素で
栄養バランスが多少崩れても大問題は起こらない

*脱線・・・知人は子どもに恵まれた事が分った時点から出産を終えるまでつわりが酷く僅かな食品しか食べられな妊婦だったのに赤ちゃんは3キロ
私は妊娠時、もりもり食べて3610gの子どもを帝王切開で授かりました。

水分・運動不足=酸素不足になり速、体調を崩す
AAFCO基準はあくまでも目安だから、気楽な気持ちで犬の手作りご飯を与える

市販のフードはデリケートな犬には負担、不調に成っても当たり前
負担の無い食事の条件
1、水分タップリ
2、消化しやすい
3、化学物質含有量が少ない(化学物質の処理は肝臓、負担が掛かると元気が無くなる)

*脱線・・・家畜も化学物質を与えられて育ち、レバー(肝臓)の部分に多量に蓄積している物を人間が摂取していい訳が無い・・・私は食べた事が無い

犬の理想的な食事は塩分控えめ雑炊が一番
デリケートな犬は市販フードから徐々に手作りに切り替えていくと下痢や嘔吐も無くスムース

著者の須崎動物病院では薬の投薬や手術は行わずに食事療法・ペットマッサージによって自然治癒力upで免疫力の高い健康な体つくりを目指す

市販のフードが合わず体調を崩す犬が居るのも現実・・・・彼是フードを試し続けている飼い主『フードジプシー』が増加傾向にある

*脱線・・・我家の健大も、家に来る1週間ドックフードを与えられていたが、少々下痢気味で下痢止めの薬を獣医より処方されましたが、薬は一切与えず手作り離乳食で問題解決

自信を持って、愛情タップリの手作り
基本は具沢山のおじや

尿が記録なったら水分不足・・・・トラブル予備軍
水分タップリの餌で尿が薄くなったら症状が改善

尿が沢山出ることで体内老廃物がスムースに排出(犬には感染が僅かしかないから老廃物は尿から出さないと停滞して病気になる

治療に為の手作りごはんは3~6ヶ月でほぼ症状が解消
薬を使っても
体調不良の不快感が心身ともにストレスも軽感するが根本治療にはならない
薬を減らしたり止めると症状は再発する

*脱線・・・人間も同様ですね。
日本人の多くは病院崇拝、薬大好き、手術で元気になれると感違えしている人がほぼ、一度メスを入れた身体は弱い、元の健康体を望むのは難しいとは私の経験

手作り餌は自分が食べている食材
一般フードは酸化した油や肉片が入っている心配もあるが手作りには安全だという安心感
アレルギー体質改善、皮膚病の快癒が可能

病気が元で主治医の勧めで療養市販フードで激太り、手作りごはんで改善
市販フードは大方が穀物でカロリーが高く太り易い、与えていいと記載量の3分の2ほどが適量

6頭の多頭飼いで年齢・犬種も様々な場合でも、皆同じ手作り食をそれぞれに適量与えて健康に問題のあった犬達が回復した

犬が食べていい物は何でも与えるのが理想

More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-13 09:58 | memo

ご飯

『かんたん犬ごはん』須崎恭彦(やすひこ)著・・・

抜粋は私に都合のいい様に代えている部分もありますので悪しからず。
詳しく知りたい方は本を読んで・・・読みやすくて分り易く、人間の料理にも応用出来ます。

手作りご飯は無理しないで
楽しんで作ることが大事、作り手がストレスを溜めて作っても、犬の体調に悪影響
市販フードに
お湯や出し汁、野菜入りのスープをかけるだけでも、水分タップリ補給が可能

私は今は離乳食状態でまったく別に作っていますが
将来的には
人間が食べる料理を味付前(犬に駄目はねぎ類などの食品は入れる前)に犬用に取って、適度に切って与えれば楽で、手作りご飯も無理なく出来ると思っています。

くず湯:
下痢・消化器が弱っているのエネルギー補給、量は欲しがるだけ与える

くず練り:
くず湯よりも濃い目に作る、粘り気が胃腸の荒れ、脱水を防ぎ下痢の不調解消

栄養スープ:
食材のエキスを煮だしたスープ、元気な日常には勿論、食欲の無い疲れた様子のとき飲ませる

とろ~り ささ身おじや:
ご飯、穀物、ささ身、人参、ゴボウ、椎茸、ワカメ、片栗粉(くず粉)

スタミナポーク おじや:
豚肉はビタミンB1が豊富、ビタミン・繊維質に緑黄野菜(ほうれん草、キャベツ、トマト、ニンニク、をタップリ加え、ごま油使用、卵は溶き卵に

たらおじや:
たらや昆布(我家はだしを取った昆布を細かく切って使用)、シメジ等のうまみと香り、固ゆで卵(細かく切るか潰す)、人参(オリーブ油 or ごま油で炒めて使用)・ブロッコリーは甘みがあるので好む

野菜スープかけご飯:
大根・納豆は消化を助け、ほうれん草は余分なナトリュウムや尿酸を排泄
ご飯、豚肉、人参、ほうれん草、煮干、昆布、納豆

スペシャルおじや:
鮭は必須アミノ酸を豊富に含み、成長期の犬に適す
ご飯、生鮭、ブロッコリー、カボチャ、こんにゃく、ひじき、干し椎茸、昆布、煮干、納豆、きな粉、ごま油

ブイヤベース風汁ご飯:
青み魚は脂肪酸(血流を良くする、中性脂肪低下)が豊富
ご飯、穀物、鯖、人参、トマト、ニンニク、パプリカ、ブロッコリー、オリーブ油、白ワイン、固形スープ

鶏肉とゆで卵の混ぜご飯:
ゆで卵は良質のタンパク質、週に1個が目安、生で与える時は白身を除く
鶏肉、固ゆで卵、人参、昆布、オリーブ油かごま油

ひき肉いり混ぜご飯:
ひき肉は消化の良いタンバク源、下痢をしやすい犬や離乳期の子犬
ご飯、ひき肉、人参、ブロッコリー、干し椎茸、昆布、オリーブ油

牛ゴボウ混ぜご飯:
ゴボウ、ひじき、シメジ等は食物繊維が豊富便秘解消、消化しやすい様に細かく切る
ご飯、牛もも肉、人参、ゴボウ、シメジ、ひじき、だし、ごま油、最後に卵とじ(卵はしっかり火を入れる)

大根とひき肉の混ぜご飯:
ひじきは鉄分・カルシュウムが豊富、消化が悪いので、もどしてみじん切りにして使用
ご飯、豚挽き肉、大根、卵はそぼろ、人参、ひじき、出汁、ごま油

鮭チャーハン:
ミックスベジタブルは犬の好み、薄味に調味
ご飯、生ザケ、卵1個はだしで溶き卵に、ミックスベジタブル、サラダ油

麦入り混ぜご飯:
はと麦は消炎、利尿、鎮痛、拝膿作用、血流を良くして便秘解消
はと麦入りご飯、人参、カボチャ、ブロッコリー、こんにゃく、ひじき、干し椎茸、昆布、煮干、納豆、きな粉、すりゴマ、ごま油け

More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-12 09:58 | memo

健大の靴

写真の皮(小さいのが後足用、大きいのが前足用)を靴下に縫い付けて
f0013459_1753966.jpg
f0013459_17533111.jpg

私の靴下を健大の足の太さに合わせて細い靴下にしました。
皮底の表面には滑り止めを張りました。
皮は縫い難く針を持つ指が痛いです。

先日、健大用に買った靴下を履いて、この靴を履かせると調度いいです。

肉球は弱く傷付き易いが鍛える事が出来ない
ならば工夫して肉球を守ってあげる事が病気にならない最低限度の努力です。
面倒ですが健大の健康の為
メジャーではない犬の靴は連れて歩くのが恥かしい・・・・

今日の健大の散歩は夫が抱っこして行って来ました。
夫は猫の桃子も一緒に連れて行くと言いましたが、健大の散歩も夫は2度目
『健大の散歩に慣れたら桃子も一緒にお願い』 と私

靴のテープのつけ方が今一でやり直したので、今日の散歩には使用できませんでした。

More
[PR]
by kyk73 | 2007-11-11 17:47 | ペット